FC2ブログ
topimage

2019-10

なかなか見つかりません - 2019.10.09 Wed


休日にドライブがてらハケ探しに出かけました。
行き先は車で40分ほどの山の中の集落跡。
目印の神社にたどり着くと参道は草がぼうぼう、注連縄や狛犬はブルーシートでくるまれていました。

戦前、この神社の周囲には数軒の家が建っていたらしいのですが、今は杉が植えられていてその面影はありませんでした。

20191008

う~ん、怪しげなものはあれどハケは見つからぬ・・・
それにしても雑草がすごいなぁ・・・・ふと足元を見るとひっつき虫だらけ!
※ひっつき虫・・・衣服などにくっつく雑草の種子

ひざ下がひっつき虫でえらいことになりました。
やっぱ長靴に履き替えるべきだった!
ドライブがてらハケ探して、温泉でも寄って帰ろうなどと軽い気持ちと軽装備できたのが仇になりました。

真剣に探索すれば何かしら見つかりそうな場所ではあったので、草の勢いがもう少し衰えるころ、足元の装備をしっかり備えて再訪したいと思います。


2019100801

神社の境内には沢があり、周囲にミズナが群生していました。
春は柔らかな葉を天ぷらに、夏は太く育った茎を炒め物にしたり、クセがなくてとても食べやすい美味しい山菜です。

2019100802

秋になると、むかごのようなコブができ、それがまたぬるっとシャキッとしてとっても美味。
たくさん生えているし、今晩のおかずに少し・・・でも神社の境内だしなぁ・・・やめておこ。バチがあたる!

というわけで、この日の収穫はゼロでした!
・・・・ゼロかぁ・・・・。

こういう地味な調査の積み重ねがお宝発見に繋がる、それは理解しているけれど・・・。
あとふた月もすれば雪が降り始めるかと思うとちょっと気持ちが焦ります。

普段、収穫物のネタばかりあげてますが、実際はこんな結果のが多いんですよーという、そんな記事でした!


おまけ

2019100803


前回のディグで出した一番のお気に入り。
綺麗だなぁ





スポンサーサイト



敬老の日と、おまけのハケの再調査 - 2019.09.26 Thu

9月16日は敬老の日でしたね。
3連休だったので、祖父母のところに顔でも出そうと帰省することに。

出発したのは土曜日の早朝。
まずは行きつけ(?)の山で日の出を眺めつつコーヒーでも・・・

20190913

5時過ぎに到着するも霧で日の出は見られませんでしたー。
ちなみにこの場所、カモシカの縄張りらしくかなりの確率で遭遇します。
カモシカは高山に越してきてから、もう数えきれないほど出くわしてますが、警戒心が薄いのか人に慣れているのかどいつもこいつものんびりしています(笑)こちらに気付くと、「あ、人間だ・・・もぅ面倒だなぁ・・・」と言わんばかりにのらりくらりと去っていきます。


春に出会ったカモシカ
2019091301

霧により朝焼けモーニングが実行できなかったのでとっとと岡崎に向けて出発です。
サービスエリアでソフトクリームを食べたりと、寄り道したものの10時前には岡崎に到着しました。
思ったよりも早く着いちゃったな~家族には昼頃に帰るって伝えてあるしな~


よし、ビンを掘りに行こう。
本当は最初からそのつもりだった。

前回、八幡ハケが半分無くなった!!の時に竹藪がなくなったおかげで見つけたハケがずっと気になっていたのです。
あの八幡ハケのおまけのようなハケはまだ無事なのか・・・・。

・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・。

・・・・・。



2019091302


無事でしたー!!
しかもこんな取りこぼしが・・・!初っ端でこれが出たのでとりあえず撮影したらあとはひたすらに掘りました。

この日の成果
2019091303


なんとかこれだけ掘り出しました。
竹藪が切られ、日光が差し込むようになったためハケが雑草に覆われています。

八幡さん、ビンの神様、今日もお宝をありがとうございました。

帰宅後、改めて戦利品を広げました。

20190913004


2019091305

↑ヘチマコロン、クラブホルモンクリームの蓋!ガラス栓、軍盃、謎のクリームビン。
前回に続きこの君が代は2本目です。


2019091306

↑アンバーの小瓶、牛乳瓶型の君が代、元禄。
アラバスターの化粧品系のビンも前回に続き2本目。


2019091307

↑ウテナ化粧品のビン、いい感じの小瓶、みや古染、角瓶タイプの君が代!
今回だけで君が代が3タイプも出ました。


2019091311

↑サイドにメモリがある神薬、カッコイイ。3本目のわかもと!


2019091308

↑大変に私好みの小瓶。たっぷりと中身が残った、桃谷順天館のものらしきビン。例のエンボスはなし。


2019091310

↑いい感じのエンボスなし小瓶×3、仁丹ビン。前回出した仁丹より大きいサイズです。


2019091309

↑アンバー小瓶に、縦じま模様の謎ビン。化粧品系かな?


2019091312

↑ホシ目薬、エンボスなし小瓶に青い元禄。


2019091313

↑いい感じの小瓶と、青いタムシチンキを手に入れた私の次のターゲットチンキ、ひと昔古いタイプのタムチン・・・・。
なんで割れてるのぉ~~


2019091314

肩と瓶底には扇の中に大のエンボスがあります。
けれども右肩と背面がごっそりありません。うぉーん
いずれ完品に出会うまでこれは大事にとっておこう。

以上が再調査の結果です。

2019091315

このビン、今回の中で一番好きかもしれません。
とても綺麗なイエローにぞっこんLOVEです(昭和)。

あ、ビン掘りメインで岡崎に帰ったわけじゃないので(建前上)、ちゃんと祖父母に会いに行ってきましたよ。
じぃちゃんばぁちゃん宅を訪ねると不在だったので、畑の方へ行ってみたら、二人して盛大に枯草を燃やしてました・・・。や、山火事とか気を付けてね・・・!
9月も半ばとはいえ、まだ暑い日が続く中、草刈りをして、それを燃やしていたらしい。
冷やした高級プリンを手土産に持っていったので、休憩がてら畑で一緒に食べました。
久しぶりに二人の元気そうな顔が見れて良かった。




おまけ

おまけのハケを再調査した翌日、姉を伴い再々調査に行ってきました(笑)
姉も久しぶりに訪れた八幡さんのハケの変わりように驚いていました。
30分ほどしか時間が取れなかったのですが、それでも何かしら出してくれるのが八幡さまクオリティ・・・!

2019091316

可愛らしいすずらん絵の具の容器。「岐153」の統制番号あり。
みや古染かと思いきやなんのエンボスもない小瓶。
君が代の甲ビン!甲ビンは初!おまけのハケから出た君が代はこれで4タイプそろいました。
そして私の大好物、目薬瓶のスポイト~
本体のみがまだ2つあったので、これでもう一組スポイト付き目薬が完成します。

さてこれらのビン、持ち帰ったもののいまだ洗浄を終えておらず、いつお披露目できるかわからないため、掘り出したままの状態ですがざっと紹介してみました!








いつの間にやら九月も下旬・・・ - 2019.09.24 Tue


季節はすっかり夏から秋へ・・・
間を開けすぎました、これで最後です!


小林タムシチンキ
2019080505

今回掘り出したのは右の青い方、5.6cm。
左は以前、元禄のハケから掘り出したもので、どちらもスタンダードな小林タムシチンキより一回り小さいサイズです。
色付きタムチン、やっと出てきてくれました。瓶の神様ありがとうございます!


???&クラブホルモンクリーム
2019080504

アラバスターコンビ。
白い方はエンボスなど一切なし。シンプルですがとても綺麗なビンです。花瓶にしようかな。
2本出ましたが、一本は表面の擦り傷がひどかったのでサヨナラしました。
ピンクの方はお馴染みのクラブホルモンクリームです。
この色や質感、いつ見ても花見団子のピンクが思い浮かんでしまいます。美味しそう。
クラブホルモンクリームはこれで2つ目です。蓋は別のハケからひとつ出しているので、もうひとつ見つけたいところ。


メーカー不明、ENZERU INK、篠崎インキ
2019080510

ENZERUINKは、蓋には筆記体でENZERUとローマ字で表記されています。
以前、どこかで見たエンゼルインンキのビンは蓋には筆記体でAngelと英語で表記されていたんですが・・・


チビインクビントリオ
2019080508

左と真ん中は同じような形。本体にも蓋にも文字情報はありません。
右の小さな台形のインクビンは洗ったらエンボスがありました。


トキワインキ
2019080509

薄~くトキワインキというエンボス発見。
瓶底の厚みに極端な差のある、味のあるビンです。



???&ウテナのクリーム瓶
2019080502

コバルトブルーのクリーム瓶は初出し!
腐食した金属製の蓋が残っていて、その錆がまだ取れません。しばらく洗浄液に浸けておかないと。
瓶底にものすごーく薄くウテナのロゴマークのエンボスがあります。


???
2019080503

綺麗に蓋の残っていたこの小瓶、なんのビンでしょう?
本体の割に蓋が大きくてアンバランスな感じが可愛い。


とりあえず持ち帰ってしまう系のビン
2019080506


この手の小瓶はもうね・・・


2019080501

とりあえず持ち帰ってしまうよね・・・。
左から2番目のビンは首が擦りガラス状になってます。香水のビンだったのかな?


仁丹、六角小瓶
2019080507

仁丹系のビンは持っているけれど、この森下仁丹のビンは初!
六角小瓶は何のビンだろう、薬か化粧品か…
六角形ってあまり見かけないので、なかなか嬉しい一本なのです。


両口七人衆
20190805

ラストは両口7人衆!

本当は8本見つけたのですが、一本洗浄中に逝ってしまわれたのです。残念。
両端はロート。左から3本目は大学目薬。真ん中はメーカー不明ですが2本目です。
あとは初見。右から2本目はロートにそっくりだけど、見慣れないロゴマークがあります。
両口式点眼瓶、本当に種類が豊富で集め甲斐があります。

ふぃーっ、これで全部です!
前回から時間が経ち過ぎて記憶は曖昧になるし、なんだかやっつけな内容になってしまいました。
もう少しブログの更新頻度をあげたいですねぇ。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

やんそ

Author:やんそ
いろんなものを拾って、飾ってます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (5)
BC (20)
貝殻・棘皮類 (21)
人工物・その他 (3)
BD (29)
白髪染めビン (3)
インクビン (4)
薬ビン (15)
目薬ビン (6)
病院名のある薬ビン (4)
化粧品&クリームビン (6)
糊ビン (1)
食品ビン (1)
駄菓子系のビン (1)
玩具 (1)
その他のビン (8)
ガラス以外 (1)
その後 (20)
拾食活動中! (2)

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
BC (20)
貝殻・棘皮類 (21)
人工物・その他 (3)
BD (29)
白髪染めビン (3)
インクビン (4)
薬ビン (15)
目薬ビン (6)
病院名のある薬ビン (4)
化粧品&クリームビン (6)
糊ビン (1)
食品ビン (1)
駄菓子系のビン (1)
玩具 (1)
その他のビン (8)
ガラス以外 (1)
その後 (20)
拾食活動中! (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる