topimage

2017-03

サワラビ - 2017.03.26 Sun

sawarabi.jpg

サワラビ:ヒゲマキナワボラ科 採取地:御前崎市 尾高海岸
房総半島以南に棲息。殻長は2~3cmほどになる(拾ったものは1、5cm~2cmほどでした)。殻口がとても広く、特徴的な形をしていて面白い。ケヤリムシの棲管上に寄生する。
ケヤリムシ・・・釣り餌にされるゴカイの仲間だけど、ゴカイと違って珊瑚礁などに固着して生活している。棲管とはケヤリムシが分泌液と泥を練って作った管のこと。

ケヤリムシってなんだっけ?と、画像検索してみたら水族館などで見たことがあるやつでした。あれはゴカイの仲間だったのか・・・イソギンチャクだと思ってました。

ケヤリムシにくっつくサワラビの図
sawarabid.jpg

サワラビの漢字名は早蕨。芽をだしたばかりのワラビのことだそうです。
素敵な名前です。こういう名前は覚えやすくて好きだなぁ。

sawarabib.jpg

サワラビをいろんな角度から。殻口が広く、ホルンのような形をしています。キャラメルみたいな色で美味しそう。
殻口は管状のものにフィットするようにカーブを描いています。一番上の画像で流木に乗っけてみたのですが、すごく安定感がありました。

sawarabic.jpg

殻の周囲にある3本の螺肋が特徴的です。
実はみっつ拾ったうちのひとつがガスガスの穴開きさんでした~。

サワラビは私的にレア認定されている貝です。先のBCでは一度に3コも拾えるという幸運に恵まれました。BC行き収めにふさわしい成果だ!と思う反面、見つけた時の興奮がよみがえり早くも海に行きたくなるという・・・。こんなんで海なし県に引っ越したらどうなるんだろう・・・禁断症状でちゃいそうです。


スポンサーサイト

春の陽気の御前崎 - 2017.03.21 Tue

三連休の最終日、一カ月ぶりに御前崎に行ってきました。
実は、この日のBCは海への行き収めでした。何故かというと、今月末にお隣・岐阜県へ引っ越しする予定だからです。岐阜県て海に面してないんですよね・・・。引っ越ししたら、今までのように気楽に海に行けなくなってしまう。それなら行けるうちにたくさん海に行っておこう!そう思って最近はBDよりBCを優先していました。びんは岐阜にもたくさんあると思いますし(岐阜でも掘る気まんまん)。

そんなわけで、いつもより気合を入れて出かけました。
朝の6時に出発し、8時には御前崎に到着。まずは尾高海岸へ・・・。
この日は気温も高く風も穏やかでとても過ごしやすい、まさにBC日和!

浜にはたくさんの漂流物が打ち上げられて、とてもいい感じでした。前回は風が強くて写真を撮る余裕がなかったぶん、今回はたくさん写真を撮ってきました!まず目に入ったのは、こちらの貝。

170320a.jpg

!!いきなりウラシマガイ発見!!先端は欠けていますがとりあえずキープです。
波打ち際では、こんな貝を見つけました。

170320b.jpg

久しぶりのテングニシ!割れ欠けなしの綺麗な殻です。
拾いあげてひっくり返すと・・・

170320c.jpg

・・・・チッ。まだご在宅だったので海に放り込んでおきました。

170320.jpg

↑ビワガイです。これもたくさん打ち上がっていました。
好きな貝ですが、もうカゴ一杯に拾っているのでスルーです。
ヤツシロガイもかなりたくさん打ち上がっていました。

170320d.jpg

ヤツシロガイも今までに何十と拾っていますが、これはいまだに拾ってしまいます。この日は小さなヤツシロガイをたくさん拾うことができました(家で数えたら22個ありました)。あっちこっちに転がるヤツシロガイをせっせと集めていると、少し様子の違ったものを見つけました。こっ・・・これは!

170320e.jpg

ヤツシロガイと同じくヤツシロガイ科のウズラミヤシロです!今まで破片しか見たことがなかったのですごく嬉しい!小さめで口が少し欠けているけれど、もちろんお持ち帰りです。この他にも、さらに小さなウズラミヤシロを3つ見つけました。

170320f.jpg

おぉ~再びウラシマガイ!これも先端が欠けていますがキープ。
このあとも似たような欠けたウラシマガイをぽつぽつ拾いました。そしてとうとう・・・

170320g.jpg

ウラシマガイの美品を発見!!
光沢も残ったなかなかの逸品でした。サイズは4cmとやや小ぶり。でも嬉しい~。
ウラシマガイの完体GETに浮かれていると、またまた嬉しい発見がありました。

170320h.jpg

サワラビです!図鑑で見た時、その面白いフォルムに惹かれて以来、いつか拾いたいとずっと思っていました。尾高海岸での打ち上げ情報があった貝だったので、尾高海岸へ訪れたときには拾えるかも!と期待していたのです。あんまり嬉しくて、近くをうろついていた姉(同行してました)を捕まえてサワラビを見せてあげました。姉の感想は「ふーん、地味だね」以上。く~~~っ、サワラビを見つけた喜びが伝わらない!まあいい、サワラビの良さが伝わらない姉など放っておこう。

170320i.jpg

貝殻拾いを再開すると、間もなく2個めのサワラビ発見!これはまだあるかも!と、姿勢を低くして海岸を這うように進みました。そこでまたしてもお宝発見です。

170320j.jpg

白地に鮮やかな紅い柄・・・ベニシボリ!サワラビと同じく図鑑で見て憧れていた貝です。でもサワラビと違って、尾高海岸で拾えるとは思ってもいなかったので完全に不意打ちを食らった状態です。ベニシボリしか目に入っていなっかたのか、帰宅後にこの写真を見た時に初めて、ベニシボリの隣に写る疑似餌に気付きました(笑)このベニシボリは殻頂が欠けていましたが、初のベニシボリなのでもちろんお持ち帰りです!今日の取れ高すごいわ~~。
貝殻以外にも、こんなものも見つけました。

170320k.jpg

赤くて可愛いコデマリウニの殻です。綺麗にトゲが抜け落ちていました。尾高海岸で拾えるウニといえば、ムラサキウニかバフンウニが圧倒的に多く、コデマリウニは滅多に拾えません。割れないように大事に持って帰ります。


BC開始から2時間半ほどが経過したところで、成果をまとめてみました。


選りすぐりの貝殻とウニ殻
170320l.jpg

ナガニシフデガイウズラミヤシロ×2・サワラビ×3・コデマリウニ×2・ベニシボリです。ナガニシは完体ですが、腐った身が残っていました。身抜きは大変なのですが、どうしても殻が欲しかったので持ち帰り。引っ越し準備もまだ終わってないのに、洗浄に時間が掛かるものを拾ってる場合じゃないだろ!と思いつつ(笑)フデガイは先が欠けていないものを久しぶりに拾えました。サワラビは結局3個も拾えて大満足です。

ウラシマガイ
170320m.jpg

左のひとつのみ持ち帰り、あとは置いてきました。左から二つ目のウラシマガイは、変な所に縦肋が一本あります。成長の過程で外傷を負ったり、先天的な変異によって正常な形状が失われたものが稀にあるようですが、これもその内のひとつなのかな。


170320n.jpg

左は姉が拾ったもの。たぶん、イルカの脊椎。かっこいい。
右は私が拾いました。これはなんの骨だろう?

人工物
170320o.jpg

右の小さなフィギュア五つがこの日拾ったもの。左の呪いの人形赤ちゃん人形は以前尾高海岸で拾った人形で、アレクサンダー(通称アレク)です。この日は一緒に連れてきていました。この日仲間入りした後輩と一緒にパチリ。新人5人のなかで、キリンがお気に入りです。

尾高海岸をあとにして、次は灯台下の海岸へ。こちらは人出が多く、とても賑やかでした。
昼ごろまで這いつくばって微小貝探ししました。

170320p.jpg

ここでのメインはやはりツグチガイ。色鮮やかなものは少なかったけれど、全部で19個拾えました。他はマツムシ・ムギガイ・ボサツガイ・フトコロガイ・ザクロガイ・シチクガイなどなど。ここのムギガイはピンクや紫色をしたものが多くて可愛い。すっかりBCを満喫してお腹が空いたので、なぶら市でお昼ご飯を食べて帰路に着きました。はぁ~楽しかった!しっかりと「海」を補充できた気がします。

「アレクとキリン」
170320q.jpg



誰得なおまけ
170320r.jpg

「アレクとキリン」を撮る私・・・。いつの間にか姉が撮っていたようです・・・。
こうして見ると紫の長靴、ダサいな・・・。



ワスレガイ2 - 2017.03.19 Sun

再び登場、ワスレガイです。
先月の19日、姉がウラシマガイを拾った日、御前崎から帰る道中、湖西市の新居海岸にも寄り道をしました。お目当てはもちろんウラシマガイでしたが、相変わらず見つかったのは欠片のみ。がっかりしましたが、その代わりに大きなワスレガイを合弁で五つ拾うことができました。肉食貝(たぶんツメタガイ)に襲われ、穴が開いたのもあります。

wasure2.jpg

ワスレガイ:マルスダレガイ科
房総半島以南の西太平洋に分布し、浅海の細砂底にすむ。殻長は7cm~8cmほど。殻は厚くて丈夫。円形でふくらみは弱い。殻表は平滑で光沢があり、通常紫褐色の地にやや濃色の放射帯や網紋がある。新鮮な殻は薄茶色の殻皮で覆われている。

wasure2b.jpg

↑小さいワスレガイは御前崎の尾高海岸で拾いました。尾高海岸ではサイズの大きいワスレガイはあまり見かけません。

wasure2a.jpg

↑新鮮な殻はこんなふうに薄茶色の殻皮で覆われています。以前この貝を紹介した時は、この殻皮を除去してしまった状態の写真しかありませんでした。今回、久しぶりに大きなワスレガイを合弁で拾えたので殻皮も忘れずに写真をとり、再び登場させた次第です。同じ貝を二回もネタにしてんじゃないよ!って感じですが、私はこの貝が大好きなのでしょうがないのです。

wasure2e.jpg

↑内側の縁がギザギザしています。貝柱がくっついていたところが二か所、ほんのり紫色。
この貝、磨くと本当に綺麗になるんです。↓手前が磨いたもの。

wasure2c.jpg

そのうち、全て磨いてぴかぴかにする予定です。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Author:やんそ
いろんなものを拾って、飾ってます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (3)
BC (16)
貝殻・棘皮類 (21)
人工物・その他 (3)
BD (20)
白髪染めビン (3)
インクビン (4)
薬ビン (14)
目薬ビン (6)
病院名のある薬ビン (4)
化粧品&クリームビン (6)
糊ビン (1)
食品ビン (1)
駄菓子系のビン (1)
玩具 (1)
その他のビン (8)
ガラス以外 (1)
その後 (18)

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
BC (16)
貝殻・棘皮類 (21)
人工物・その他 (3)
BD (20)
白髪染めビン (3)
インクビン (4)
薬ビン (14)
目薬ビン (6)
病院名のある薬ビン (4)
化粧品&クリームビン (6)
糊ビン (1)
食品ビン (1)
駄菓子系のビン (1)
玩具 (1)
その他のビン (8)
ガラス以外 (1)
その後 (18)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる